ウェルニャンレポート

ウェルネスポーツ鴨川 > ウェルニャンレポート > 【体験レポ】電動ロクロ体験@鴨川陶芸館
ウェルニャン
2020.07.07更新

【体験レポ】電動ロクロ体験@鴨川陶芸館

鴨川市には豊富な自然と文化を知ることができる、たくさんの体験プログラムがあるよ。ぜひ、みんなに体験してほしいにゃ。

 

だから、僕が体当たりで取材して、みんなに紹介するにゃ~!

 

 


【体験名】電動ロクロ体験(鴨川陶芸館)

 

ひとつの泥の塊から、3つ成形して、気に入ったひとつを選んで焼いてもらう。体験は焼く前の器の成形まで。焼き上がりは後日をお楽しみに!

茶碗、小鉢、お皿、コップ、ぐい飲みなどが作れる。

 

 


■鴨川陶芸館で、電動ロクロを使った陶器づくりに挑戦にゃ!!

 

静かな里山の中にたたずむ工房。

建物内は陶芸作品の販売コーナーと体験コーナーに分かれている。

 

工房は広い。一度に80名まで体験できる。

 

 

■まずは先生によるレクチャー

 

先生は館長の恩田さん。説明を聞きながら一連の作業を見学する。

 

20分ほど実演を見せてもらい、さあチャレンジ!!

 

 

■コップみたいな形から製作スタート

 

触ってみると土は思ったよりも硬くて、少しざらざらの感触がある。

ペダルを踏んでロクロを程よい回転スピードにする。足を離すと、そのままのスピードがキープされる。思ったよりもゆっくりの回転が程よい。

手についた泥に水を含ませ滑りやすくして、両手を泥に添えて形を整える。その繰り返し。

まずは土の厚みを薄くしていき、薄くなってから、好みの形に整える。両手を添えて少しずつ…

 

最初はおっかなびっくりで、なかなか形が変わっていかない。

 

コツは、肘を身体につけて、手は左右の親指同士をくっつけて両手が離れないようにすること。中指と薬指で器の中と外を押さえ、少しずつ手を上に滑らせていく。

器の口を広げていく作業が難しい。

 

少し力をかけると、ゆがんでしまう。僕は変な力が入ってしまうみたい。きれいに丸くならなくて、高さも均一にならない。

先生がちょうどよい厚みを教えてくれる。とても分かりやすい。

でも、なかなか思った通りにはできない!

形がゆがむと先生が直してくれるんだけど、僕はひとつの器を作るのに、3回くらい直してもらった(これは多い方だと思う…)

 

形が決まったら、土についた余分な水分と汚れをスポンジで軽く拭き取る。

器を指でなぞって渦巻きの形の「ろくろめ」(模様)をつけたり、棒や手を使って形に変化をつける。

これも人によって違うから、器の味になるんだね。

 

なめし皮で器の縁の部分をなでて、ざらつきを滑らかにする。

最後は糸で器の底になる部分を切り離す。ここは、思い切って一気にヒモを引っ張るんだ!

焼き上がりは大きさが15%ほど縮むので、それを考慮して大きめに作る。

 

 

■焼く前の形づくりが完了!!

 

それぞれの味が出てるかな?

 

プログラムでは3つの形を作って、そのうちの1つを選んで作品にする。

今日体験した3人全員、コップを選んだよ。

焼き上がりが楽しみだね!!

左が僕の力作! 土器って言わないで!!泣

僕はアイスコーヒーを飲むことを想像して作ったんだ。他の2人はお酒かな?大きいけど!

 

 

■体験を終えて

 

思ったよりも難しかった。

僕は3点とも先生に助けてもらったけど、直す回数が一番少なかったのがコップだった。器の口を広げる作業が難しかったから、お皿は難易度が高いと思う。いつか、そこまで上達したいな!まずは、先生のお助けなしでできるようにならなくちゃ。

陶芸は初めてで、うまくできなかったけど、先生が優しく丁寧に教えてくださるので、とっても楽しかった!!

館長が今日の先生。ありがとうございました!

 

それと、形を整えている間は、それだけに注意を向けるから、集中した状態だったと思う。その分、終わってから心がすっきりした。

 

おもしろいのは、やっぱり自分で好きな形をつくれること。

そして、それを実際の器として使えること!

完成品を取りに行くのが楽しみ。(送ってもらう場合は別途有料)

 

作業を終えるとコーヒーサービスがあり、工房で仲間と語らいながら一息つけて、いい時間になった。

 

鴨川陶芸館はHPが充実しているので、色々見て、自分に合った作品作りを楽しんでね!(電動ロクロの他にも、粘土の板から作品を作る手びねり体験や絵付け体験もできるそうだよ)

 

 

■注意した方がよいこと

 

防水の前掛けを貸してくれるけど、作品作りに夢中になって、前掛けがずれてズボンが汚れてしまった。あと、僕は爪が長かったので、指先を使うのが難しかった。猫でも爪は切って行った方がいいね。作品作りは指先が重要!(絵付け、手びねり体験なら爪が長くても大丈夫)

・洋服(特に下半身)は汚れてもいい服装で行こう(慣れないと泥水を飛ばしちゃうよ)
・爪は短く切っておこう(指先で形を整えるから、長いと邪魔になるよ)
・髪が長い方は束ねておこう(途中は手が泥だらけで髪にさわれないよ)
・指輪は外しておこう(成形する時に土が削れちゃうよ)

 

 

【体験前後の変化】

ストレスチェック

ウェルニャン33→5/ゆりちゃん22→8/エクストリームおの10→76

 


体験概要

取材日 2020年7月3日(金)

鴨川陶芸館/電動ロクロ体験

1人4,500円(税込)/所要時間 1時間半

※記事の内容は取材日の体験に基づくものであり、今後、内容変更等の可能性があることをご承知おきください。

※体験の申し込みや問い合わせは、施設のウェブサイト(下記リンク)より、施設へ直接ご連絡お願いします。

→鴨川陶芸館ウェブサイトへ