ウェルKAMO X’MAS GAMES2019 開催レポート

パラスポーツを楽しく体験できる
「ウェルKAMO X’MAS GAMES 2019」を開催しました。

 

みなさんは、パラスポーツとはどんなものか知っていますか?

一般には、障がいのある人たちが行うスポーツのことを総称して「パラスポーツ」と呼びます。

 

ここ鴨川市は、パラスポーツ競技の合宿地として、車いす陸上や車いすバスケットボール、ブラインドサッカー女子日本代表などのパラアスリートが多く訪れる地になっています。また、欧州発祥の競技ボッチャは、国内最初の大会が千葉県で開かれたといわれていて、今では多くの地域で気軽にできるスポーツとして人気上昇中です。

 

そんなパラスポーツを、もっと多くの方に知って、楽しんでもらいたい!

 

ということで、東京オリンピック・パラリンピックイヤー目前の2019年12月22日(日)、誰もがパラスポーツに親しめるイベントとして、「ウェルKAMO X’MAS GAMES 2019」を開催しました。

用意したアトラクションは、パラスポーツをアレンジしたゲームなど身体を使ってトライするものを中心に、8種類。

当日は小さなお子さんからシニアの方まで、350人の方が訪れてくれました。

体験後には、みなさん最初に「楽しかった!」と笑顔で一言。
そのあとは口々に「思ったより大変だった」「腕が疲れた」「難しかった」などの感想が。

それぞれにパラスポーツの楽しさ、パラアスリートのすごさを体感されたようでした。

 

今回来られなかった方にも楽しさが伝わるように、当日の様子をご紹介いたします。

■ドリームポスト

クリスマスに叶えたい夢を書いて、投函してもらいました。

みんな、真剣です。夢は叶うかな?

 

■チェアライダー42.195

車いすに乗って、障害物競走!

乗っているのは車いすバスケットの競技用。車輪が正面から見てハの字についているのが普通のものと違うところ。一般の車いすよりも、小回りが利いて機敏な動きができます。

パン食い競走のように口でくわえるのは、鴨川名産の「鯛せんべい」
最初は真っすぐ進むのも大変。曲がるのはもっと大変!

 

■ブラインドサッカー

サッカーボールの中には金属の粒が入っていて、ボールが転がると鈴のような音がします。

目隠しをして、音と気配をたよりにゴールへ向かってシュート!

最初は歩く練習。みなさん、こわごわチャレンジ… 真っすぐ進むことさえ苦労します。
一緒にプレイしてくれるのは、ブラインドサッカー選手の駒崎広幸さん。とても視覚障がいがあるとは思えない動き、すごい!

 

■プレゼントスロー

車いすを「そり」に見たてて、サンタさんになって煙突型の目標にプレゼントのボールを投げ入れる。

座ったままのボール投げが、意外に難しい!

 

■クリスマス・ボッチャ

ボッチャは「陸上のカーリング」とも言われる競技。だけど、老若男女・障がいのあるなしに関わらず誰もが同じコートで戦える。

自分のボールを、的になる白いボールに近づけた人が勝ち。家族や友だちどうしで勝負!

 

 

■オルカ鴨川FCと遊ぼう

地元の女子サッカークラブチーム・オルカ鴨川BUの選手が勢ぞろい!一緒に風船でリフティングしたり、ドリブルのタイムチャレンジでわいわい。

 

 

■おもしろスポーツテスト

前後左右に走って敏捷性をはかります。10秒前後の短い時間に瞬発力を発揮!

 

■パラスポーツクイズ

パラスポーツについてのクイズを解きながら、各アトラクションのブースを回ります。

チャレンジしてくれた方には、パラテコンドーの絵ハガキをプレゼント。

元の絵はこちら。なんと使用済み切手1枚1枚を貼り合わせて作られています。千葉大学と日本郵便が東金特別支援学校のみなさんと一緒に作った作品をお借りしました。

 

■全部のアトラクションを体験した方には、ささやかなクリスマスプレゼントを

来場された全員に、ウェルネスポーツ鴨川のオリジナル下敷きをプレゼントさせていただきました。
また、アトラクションを全部体験した方には、お菓子をプレゼントしました。

 

身体を動かすことのほかに、こんなお楽しみ企画もありました。

■クリスマスおもしろトークショー

豪華な顔ぶれをお招きして、パラスポーツや障害をテーマに、出演者と観客の方が時に会話をしながら、笑いの絶えないトークショーを行いました。

トークの中で出演者の方が口々に語られていたのは、障がい者を特別だとか、かわいそうだとか思う必要はなく、気軽に声をかけてほしいということ。今日のパラスポーツ体験を、ひとつのきっかけにしてもらえたら嬉しいということでした。

また、誰もが暮らしやすい地域にするためには、「段差をなくしたりするようなハード(設備)はすぐには変えられないが、ハート(心)は今すぐにでも変えられる」として、この日はクリスマスのイベントでもあることから「誰か身近な人に対して声をかけて、ひとつ心のプレゼントをしよう」とおっしゃっていたのが印象的でした。

自らの障がいや経験を、ユーモアを交えて語ってくださった
パネリスト
2012年ロンドンパラリンピックに出場した車いすマラソン選手の花岡伸和さん
鴨川市在住のチェアライダーで全国脊髄損傷者連合会の佐藤翔太さん
日本ブラインドマラソン協会理事でランニングコーチの安田享平さん
覆面のパラスポーツチャレンジャーDOマンさん
モデレーター/パラスポーツに詳しいフリーアナウンサー久下真以子さん

 

 

■パラスポーツ関連の展示

競技の写真や映像を中心に展示しました。

陸上競技用の車いすは実物。カッコいい!

 

■クリスマスに叶えたい夢を書いてくれた方に、抽選でクリスマスプレゼントを

トークショーの出演者の方々に、ドリームポストの中からカードを抽選していただきました。書かれた夢を読み上げて、ご本人にプレゼントを差し上げました。

プレゼンターは鴨川市社会福祉協議会のキャラクター「葉っぴー」

また、当ウェルネスポーツ鴨川のロゴをデザインしていただくコンテストで
優秀賞に選ばれたお二人にも登壇いただきました。

 

■クリスマスマーケット

地元のグルメやグッズを販売するマーケット。
ぜんぶ試してみたいけれど、とても1日では制覇しきれない品揃えでした。
心もお腹も満たされてほっこり。

★Trattoria IMAMURA(トラットリア イマムラ)

前原海岸の一軒家レストランから、キッチンカーで出張してもらいました。マスターこだわりの、オンリーワン「特製たっぷりトマトチキンカレーライス」を販売。

 

★みっこちゃんのおそうざい

オルカ鴨川FC公認のお弁当「旨だれ牛カルビ焼肉弁当」や「笑美勝(エビカツ)バーガー」などのご当地グルメや、クリスマスならではのホットワインや温かいスープ、ミニスイーツなどが所狭しと並ぶ。

 

★モカトラカフェ

特製のクレープを販売。トッピングは定番のバナナ系に加えて、和風の京町クレープ、キャラメルやマンゴーのスイーツ系クレープなどバラエティ豊富な16種類。

 

★鴨川市福祉作業所

鴨川で生産された夏みかんを使ったジャムやポン酢をはじめ、味噌や漬物、梅干しなど、福祉作業所のみなさんが手作りされた品々を販売。

 

★UKKインダストリー

身体運動の基礎原理に基づくケアアイテムを開発する中で生まれた新しい発想のサポーター「パワースポーター」を体験、購入できる。その特徴は、従来のサポーターのように固定せず、逆に緩んだ筋肉を活性化するというもの。

 

★オルカ鴨川FC

地元の女子サッカークラブチーム「オルカ鴨川FC」のオリジナルグッズを販売。ファンに嬉しいポロシャツやTシャツ、文具などのグッズが集合。

 

イベントの概要

イベント名 ウェルKAMO X’MAS GAMES 2019
開催日 2019年12月22日 (日)
会 場 鴨川市文化体育館
入場料 無料

主 催 一般社団法人ウェルネスポーツ鴨川/株式会社ミライノラボ
後 援 鴨川市/鴨川市教育委員会/社会福祉法人鴨川市社会福祉協議会
協 力 学校法人鉄蕉館 亀田医療大学/城西国際大学観光学部/オルカ鴨川FC/NPO 法人日本ブラインドサッカー協会/運動科学研究所株式会社(UKKインダストリー)/女子部 JAPAN(・v・)/ DO_ACTIONS -Yahoo!JAPAN/合同会社OneSelF